“梅雨の鎌倉”といえば、まずは紫陽花でしょうか。紫陽花にも素朴な山紫陽花、やや大きめの額紫陽花、大きな手毬紫陽花、それらの変種など、色も形もさまざまです。
そして、この時期見逃せない花は岩煙草。赤紫の可憐な花がそこここの岩壁に咲いています。鎌倉の風土によく合っているようです。

紫系の花が増えてくるこの時期、雨に濡れた“梅雨の花”をお楽しみ下さい。


2002年のイワタバコは6月上旬が見ごろでした。また来年お会いしましょう。

■アジサイ
円覚寺・東慶寺・浄智寺・明月院・建長寺、ほか
明月院の紫陽花 色の移り変りを楽しむ 西洋紫陽花
墨田の花火 ベニガク 白から赤へ

■タイサンボク
タイサンボク
円覚寺・浄光明寺など
■ナツツバキ(沙羅の木)
ナツツバキ
浄智寺・東慶寺・明月院など

■キキョウ
キキョウ
東慶寺・海蔵寺など
■ハナショウブ
ハナショウブ
東慶寺・明月院など

■ホタルブクロ
ホタルブクロ
円覚寺・浄智寺・街道沿いなど
■イワタバコ
イワタバコ
東慶寺・浄智寺・浄光明寺など